検索

コーヒーとカフェイン

コーヒーの成分で最もよく知られている

カフェイン


カフェインが人の体内にあるアデノシンという分子に影響することにより、

結果、眠気覚まし、疲労感の軽減、計算や記憶能力の亢進に繋がります。

他にも、血圧の上昇や代謝促進など、様々な作用もある成分。


また、カフェインには中毒性はなく、医学的に問題はないものです。

 ※近年販売されているカフェインが多量に含まれるドリンクに関しましては

コーヒーのカフェイン量とは全く異なりますのでご承知おきくださいませ。



さて、コーヒーに含まれるカフェイン。

深煎りのコーヒーは浅煎りよりもカフェインが少ない、という噂が流れているようですが

実際に焙煎による減少率は数%、一杯分で考えるとさらに差はないと言えます。


品種による含有率の違いはあります。

一般的にストレートで販売されている「アラビカ種」に比べ、

「カネフォラ種(ロブスタ種)」は約2倍のカフェインが含まれています。

そのため、ロブスタ種が多いコーヒー飲料やインスタントコーヒー、安価なブレンドなどを

飲む際にカフェインの効果が大きく影響する場合もあります。

カフェインに気をつけている場合は、お買い求めの商品にロブスタ種が含まれているか予め確認する事も必要です。

わからない場合は遠慮なく相談してくださいませ。


妊婦さん、授乳期間中のお客様からご質問をいただく事が多いのですが

一日に2杯程度(お茶などのカフェイン入りの飲料を摂取した場合はその分を減らす)であれば影響はないという研究結果は公開されています。


デカフェをいつもお買い求め頂いているお客様から

たまにはカフェイン入りを飲みたくなる!とご相談を受けましたので

まとめさせて頂きました。


どうしても飲みたくなった場合は、

アラビカ種、約140ml程度のコーヒーを!


責任は持ちませんので、美味しいデカフェを焙煎しておきます。


20回の閲覧

© 2019 by Footsteps Coffee